Gmailのフィルタリング機能「スマートラベル」使ってみた


Gmail Labsにメールの自動振り分けを行ってくれる「スマートラベル」という機能が追加されました。

送信元、件名などでフィルタを設定している人も多いと思いますが、この「スマートラベル」はメールの内容によって自動的にメールを振り分けてくれます。

振り分けられるカテゴリの種類は、

【一括】
広告、ニュースなど大量の人に一括で送信されてくるメール。受信トレイをスキップ(アーカイブ)して受信トレイには表示されません。
【通知】
知り合いではないが、自分宛に送られてくる重要な内容が含まれているメール。ネットショッピングでの確認メールや、登録確認の自動生成メールなど。
【フォーラム】
メーリングリスト、オンライン掲示板など、ユーザーが参加しているところからのメール。

このフィルタは今までに設定していたフィルタと併用可能です。
フィルタをしっかり設定して使用しているハードユーザーには、あまり必要ない機能かもしれませんが受信トレイにメールが増えてきてフィルタを設定しようと思っていたユーザーにはオススメの機能です。

私の場合、すでにフィルタは使用していたのですが、Amazon、楽天、Yahooなどからのニュースなどが多く、フィルタを設定するのも面倒だったのですが、すべて自動で【一括】に分類してくれて受信トレイにも表示されなくなったので整理がかなり楽になりました。
また、AndroidのスマートフォンでもGmailを利用しているのでニュースメールが送られて来る度に受信音が鳴っていたのですが、それも解消されたので、かなり快適になりました。

「スマートラベル」の使用方法はGoogle Labsから「スマートラベル」を有効にするだけです。
Gmailの設定からLabsを選択して検索で「スマートラベル」と入力すれば出てきますので、使ってない人はぜひ一度試して下さい。