Firefox4を使ってみてのまとめ


Firefox4の正式版がリリースされたので、早速アップデートしました。

次世代ブラウザ Firefox – 高速・安全・カスタマイズ自在な無料ブラウザ

perf-chart

・新UI

Firefox3.6よりも6倍以上の高速化を実現!とのことですが、実際に使用してみたところそこまでの高速化は感じられませんでした。たしかに、前バージョンよりは早くなっているのですがリンクをクリックした後の一瞬のタイムラグがChromeより遅く感じられます。
また、ユーザーインターフェイスが新しくなり、タブが最上部に移動され、メニューバーの代わりに「Firefoxボタン」になりました。

タブの位置については、メニューの「表示」→「ツールバー」→「タブを上部に表示」のチェックを外すことで前バージョンと同じ位置に戻すことも可能です。
Firefoxボタンについてですが、windowsXPでアップデートするとデフォルトの状態ではメニューバーになっていましたが、メニューの「表示」→「ツールバー」→「メニューバー」のチェックをはずせばメニューバーが消えて「Firefoxボタン」が出てきます。
また、メニューバーが非表示の状態でも「Altキー」を押すことで一時的にメニューバーを表示する事が出来ます。

・タブをグループに分けて管理

タブグループ

新しい機能として「Firefox Panorama」というタブをグループ分けして管理できる機能が追加されました。
多くのタブを同時に開いて作業する人にはとても便利な機能だと思います。
ただ、使ってみたのですがUIが自由すぎて逆に使いにくい感じが…。フォルダでドラッグ&ドロップで移動させたりドラッグしてフォルダのサイズを変えたりできるのですが、動作が若干もっさりしているせいかあまり使いやすいとは感じませんでした。。

・まとめ

各ブラウザの良いところを集めて操作性はかなり向上したと思いますが、動作速度の点で少し残念でした。今後のバージョンアップでの改善を期待したいところです。